了(りょう)

このブログは「思想」をメインに扱います。私の場合は思想と云っても決して高尚なものでなく「対話重視の思想」という程度のものです。😓

由美子って廣野だよね!?⑳ opinion🅒

今回の私の感触をもう少し記すと作家オースチン価値論が浮上って見えて清々しい。価値論「真・善・美」は世間的に知られる哲学だが、はとも角、だけは誰にも明らかに出来なかった。オースチンの慧眼はその真の本体を見抜いたように思える。

オースチンいくら愛しても無駄となってしまったいま、自分は彼を愛せると初めて心からわかったのだとリジ―に語らせる。リジ―の打算が消えて初めてダーシーの人間性が見える。人間性に具わる「真・善・美」‥真の価値人間性の発露と倶に顕われる。

人は自他ともに心身を飾るから一往五感六感で表面を見分けられる。飾った他者を評価するのは勿論だが、飾った己を他者に評価されて一喜一憂している自分自身でなかろうか?そう哲学するとき再往己を見直すことになり、裸の人間を哲学したくなるベキだ。

ここまでがオースチンの哲学のようだ。だが大事な点はこの後だ。己のなかに真・善・美の価値は具わるという知識を得たとして‥この価値は使ってこそ意味がある。価値の本領を発揮しなければ宝の持ち腐れ‥否否、価値も変じて毒となり自他に害悪を為す。

即ち、オースチンの哲学は仏法共鳴する。価値を具える尊い存在を地涌の菩薩という。地涌の菩薩の使命は己の価値を世間に発現させること。己に尊い価値があることを示さずしては役立たず。ゆえに如何な病いも障りにさせず、元気を失わぬ地涌の菩薩。

地涌の菩薩については詳しいどなたかにお聴きになられれば幸いです。拝。😅